ブログ

脂肪肝にいい食べ物(一覧・ランキング)

local_offer生活習慣病

脂肪肝とは

脂肪肝とは脂肪肝は、肝臓の細胞に過剰な脂肪が蓄積する状態を指します。正常な肝臓では少量の脂肪が含まれていますが、肝細胞の30%以上が中性脂肪である場合、脂肪肝と診断されます。
脂肪肝は、アルコール性脂肪肝疾患(AFLD)と非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)の二種類に大別されます。

アルコール性脂肪肝(AFLD)

過度のアルコール摂取によって肝臓での脂肪酸代謝が阻害され、肝細胞内に脂肪が蓄積して発症します。

非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)

摂取カロリーの過剰や肥満、運動不足、インスリン抵抗性などが原因となって起こると知られています。

脂肪肝は初期段階では自覚症状がほとんどないことが多いですが、放置すると炎症を引き起こす非アルコール性脂肪肝炎(NASH)、さらには肝硬変や肝がんへ進行するリスクがあります。

脂肪肝の主な原因

脂肪肝の主な原因脂肪肝を引き起こす要因はさまざまですが、主には生活習慣に関連することが多いです。

  • 過剰なアルコールの摂取
  • 肥満
  • 糖尿病(インスリン抵抗性の問題)
  • 特定の薬剤による副作用

カロリーの摂取が多く、肥満状態にあると、肝臓に脂肪が蓄積しやすくなり、これが脂肪肝を引き起こす一因となります。特に内臓脂肪が多い場合には、脂肪肝のリスクが高まります。
また、アルコールや糖質・脂質の過剰摂取でも、肥満でなくとも肝臓に脂肪が溜まりやすくなります。
さらに、肥満が原因でインスリンの働きが悪くなると、高血糖の状態が続き、それが肝臓に脂肪を蓄える原因となります。
脂肪肝は肥満や糖尿病などの生活習慣病と相互に影響し合い、食生活の改善によって脂肪肝だけでなく、他の生活習慣病も予防・改善することができます。

脂肪肝にいい食べ物

脂肪肝を改善させるには、食生活の見直しが非常に重要です。
さまざまな情報が脂肪肝に好影響を与える食品について言及していますが、直接脂肪肝を改善するような特定の食品はありません。脂肪肝に好ましい食品とは、脂肪肝の治療を妨げず、食事による管理をサポートするものです。
脂肪肝の改善に役立つ食品には次の特徴があります。

  • 脂肪分が少なく、たんぱく質を豊富に含む食品
  • 低カロリーで食事のボリュームを増やすことができる食品
  • 食物繊維を多く含む食品
  • アルコールの摂取を避けるための代替飲料

これらの特性を持つ食品をランキング方式でご紹介します。なお、これらの食品は、より多く食べれば良いというわけではなく、適切に組み合わせることで、脂肪肝の改善を効果的にすることができます。バランスの取れた食事計画の一環として、これらの食品を活用してください。

脂肪肝に良い食べ物ランキング

1位 鶏の胸肉とささみ
2位 大豆食品(納豆・大豆)
3位 生野菜・海藻・きのこ
4位 玄米・雑穀米・麦飯
5位 ノンアルコール飲料

1位 鶏の胸肉とささみ

鶏の胸肉とささみ鶏の胸肉やささみは、その低脂肪・高たんぱく質の特性から、ダイエット食材としてだけでなく、脂肪肝の改善にも有効な代表的な食品です。これらの部位は、過剰な脂質の摂取を避けながらも、必要な良質のたんぱく質を確保できる理想的な食材です。鶏肉のこの部分は、独特の味が少なく、多様な料理に活用しやすい点が特徴です。また、コストパフォーマンスにも優れており、日々の食事に手軽に取り入れやすい利点も持っています。

2位 大豆食品(納豆・大豆)

大豆食品(納豆・大豆)大豆から作られる豆腐や納豆は、鶏肉と同様に脂肪が少なくたんぱく質が豊富な食材として知られています。特に納豆は、食物繊維も多く含んでいるため、たんぱく質と食物繊維の両方を効率良く摂取できる、植物性と動物性の食品の良さを兼ね備えた優れた食材です。さらに、豆腐はその量に対するカロリーが低めであり、カロリーを抑えた食事をしたい時にも、満足感を得られる選択肢として便利です。

3位 生野菜・海藻・きのこ

生野菜・海藻・きのここれらの食品は、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの必要な栄養素を含みつつ、カロリーが低いため、栄養価の高い食事をしたいと考えている脂肪肝を持つ方に最適な食材です。
カロリーを抑えながら食事の量を増やすことができるため、満足感を得ながら健康的な食生活を送ることが可能です。
カロリーを減らしつつ食事の量を増やしたい時には、生の野菜を用いたサラダが推奨されます。一方で、ビタミンやミネラル、食物繊維を多く摂取したい場合は、スープなどの加熱した野菜を多く含む料理が適しています。これにより、食材のボリュームが減少し、より多くの量を食べることができます。
できれば、毎食に1から2品、1日に合計して約350gの野菜、海藻、きのこを摂ることが理想的です。

4位 玄米・雑穀米・麦飯

玄米・雑穀米・麦飯玄米、雑穀米、麦飯などの全粒穀物は、炭水化物を健康的に摂取するのに優れています。
ごはんやパンといった穀類は、炭水化物を含む重要な栄養源であり、日常の食事で欠かせない食品です。しかし、これらを過剰に摂取することは、カロリーや糖質の摂り過ぎに繋がり、特に脂肪肝の方にとっては注意が必要です。
全粒穀物と呼ばれる玄米、雑穀、押し麦のような穀類は、一般の精白米と比べて食物繊維が豊富で、糖の吸収を緩やかにし、少ない量で満足感を得やすい特徴があります。雑穀米や麦飯は含まれる穀類の種類や割合によって栄養価が異なりますので、市販品を選ぶ際は、栄養表示を確認してカロリーや食物繊維の量をチェックしましょう。

5位 ノンアルコール飲料

ノンアルコール飲料ノンアルコール飲料は、アルコールを含まずにお酒の風味を楽しむことができるため、脂肪肝の管理に役立つ選択肢の一つです。
アルコールの摂取は脂肪肝を悪化させるリスクを増加させます。そのため、ノンアルコール飲料を選ぶことで、飲酒を控える際のストレスを軽減しつつ、肝臓への負荷を減らすことが可能です。
ただし、注意が必要なのは、ノンアルコール飲料に含まれる糖分によるカロリーです。多くの糖類を含む製品もあり、無意識のうちに選んでしまうと糖質の摂取が過剰になり、それが肝臓への負担となることがあります。
ノンアルコール飲料を選ぶ際は、栄養表示をチェックし、アルコールはもちろん、糖質の摂取も控えめな製品を選ぶのが良いでしょう。

脂肪肝を改善するための食事のポイント

脂肪肝の食事療法のポイントは、適切なカロリー摂取と栄養バランスの調整にあります。主に以下の点が挙げられます。

  • カロリー管理と肥満解消:過剰なカロリー摂取は脂肪肝を悪化させる原因となります。日々の消費カロリーを超えないよう食事からのカロリー摂取を調整し、蓄積された体脂肪を減らすことが重要です。
  • 脂質摂取の制限:肝臓への脂肪蓄積は、脂質の過剰摂取によって引き起こされます。揚げ物、脂身の多い肉類、高脂肪の乳製品の摂取を控えることが大事です。
  • 糖質の適切な摂取:砂糖類や高糖質の食品の摂り過ぎも脂肪肝のリスクを高めます。甘いお菓子や飲料、菓子パンなどの過剰摂取を避けることが望ましいです。
  • アルコールの制限:アルコールの過剰摂取は脂肪肝の直接的な原因になり得ます。脂肪肝のある人は、アルコール摂取を極力控えるか、禁酒することが求められます。
  • たんぱく質の適量摂取:たんぱく質は肝臓の修復に必要な栄養素であり、適量を摂取することが重要です。低脂質で高たんぱくの食品を選ぶことで、摂取カロリーを抑えつつ、必要なたんぱく質を確保します。

これらのポイントを心がけることで、脂肪肝の改善につながる健康的な食生活を実践できます。

脂肪肝の改善に関する質問(Q&A)

 

脂肪肝に避けるべき食べ物はありますか?
脂肪肝の方は、以下の食べ物を避けましょう。高脂肪の肉類(特に加工肉やファストフード内の肉)、揚げ物、バターやマーガリンなどの飽和脂肪酸が豊富な食品、砂糖や白いパン、パスタ、加工された炭水化物、糖分が高い飲み物(ソーダや甘いジュース)。これらは肝臓に負担をかけ、脂肪蓄積を促進する可能性があります。
脂肪肝におすすめの飲み物は何ですか?
コーヒーがおすすめです。研究によると、適量のコーヒー摂取は肝臓の健康をサポートし、脂肪肝のリスクを低減させる効果があることが示されています。ただし、砂糖やクリームの過剰な添加は避け、ブラックまたは少量の砂糖やミルクで楽しむことが推奨されます。
脂肪肝の改善に役立つスパイスやハーブはありあすか?
ウコン(クルクミンを含む)やシナモンなどのスパイス、ミルクシスルなどのハーブが脂肪肝の改善に役立つとされています。これらは肝臓の保護と炎症の軽減に効果的であると考えられています。
脂肪肝はウォーキングで改善できますか?
定期的なウォーキングは脂肪肝の改善に効果的です。適度な有酸素運動は体重管理に役立ち、肝臓の脂肪分解と除去を促進します。
ヨーグルトは肝臓にいいですか?
特にプロバイオティクスを含むヨーグルトは肝臓の健康に良いとされています。プロバイオティクスは腸内環境を改善し、肝臓への負担を減らす効果があります。
住所 東京都板橋区板橋2-67-5
アクロスキューブ板橋 2階
電話 03-6905-6361
FAX 03-6905-6362
アクセス 都営三田線 板橋区役所駅前徒歩0分
診療科目 内科・糖尿病内科・腎臓内科・
循環器内科・美容内科
診療時間
9:30~13:00
(12:30最終受付)
- -
14:30~18:00
(17:30最終受付)
- - -

休診日:金・日・祝日
土曜日:9:30~13:30(13:00最終受付)

TOPへ