GLP-1ダイエット(オゼンピック)

オゼンピックの診療再開について

オゼンピックの出荷調整が緩和され、ダイエット治療に使用できるようになりました。皮下注射をご希望の方にもGLP-1ダイエットご案内できるようになりましたのでご希望の患者様はWEB予約から新規ご予約ください。

当院のGLP-1ダイエット治療実績

  • ①39歳女性:153㎝ 治療期間3か月 77.5㎏⇒70.5㎏(-7kg)
  • ②39歳女性:157㎝ 治療期間4か月 63.0㎏⇒53.2㎏(-9.8㎏) 
    ※ただし1か月目の時点でも-4kg1時間後の血糖値180mg/dl以上
  • ③32歳女性:157㎝ 治療期間1か月 53.5㎏⇒49.7㎏(-3.8㎏) 

継続して減量と日常生活の調整ができればリバウンドしづらい体になっていきます。


GLP-1とは、もともと人の体内に存在しているホルモンの一種で、体内の血糖値が高くなった時にインスリンを分泌を促し血糖値を改善させたり、食欲を抑える作用があります。そのため、もともとこのGLP-1の分泌量が多い人ほど太りにくい体質で、少ない食事量で満腹感が得られやすい一方で、逆にGLP-1の分泌量が少ない人は生活習慣の乱れにより肥満症になりやすいと言われています。

GLP-1受容体作動薬には食欲を抑制することで、結果的に摂取カロリーを少なくして皮下脂肪だけでなく内臓脂肪を減少させてくれる効果があります。

GLP-1ダイエットはGLP-1受容体作動薬を皮下注射で摂取することで、つらい食事制限や過度の運動を行うことなく痩せることができる、ダイエット方法の新しい選択肢です。当クリニックでは「週1回の注射薬」のプランをご用意しています。

GLP-1とは GLP-1とは


オゼンピック(週1回皮下注射)

当クリニックではメディカルダイエットに用いるGLP-1受容体作動薬の注射薬としてオゼンピック(成分名:セマグルチド)を採用しています。

  • 週1回の投与で済むため手間が少ない
  • 注射薬で体内への吸収効率が高い
  • ダイエット効果が高い(他のGLP-1受容体作動薬と比べて)

採用理由は上記の3点によるものです。
当クリニックが採用しているオゼンピックは2mgが充填されている新しいタイプの製品です。オゼンピックの投与量に関してですが、自己でダイヤル調整して0.25mg、0.5mg、1mgを1週間に1回注射します。体調を確認しながら食欲がおさまるまで少しずつ増量していきます(最大量は1.0mg/週)。

つまり、1本の注射器に2mgの薬液が入っていますので下記のプランでの注射が可能です。

  • 0.25mg/週で注射する場合は8週間分
  • 0.5mg/週で注射する場合は4週間分
  • 1.0mg/週で注射する場合は2週間分

オゼンピックの注入方法に関してですが、注射のたびにご自身で針の着脱を行っていただく必要があります。

オゼンピックを注射する部位や注入方法などの詳細に関しては、次の4分程度のノボ・ノルディスク社の動画をご参照ください(音声が出ます)。

副作用と使用上の注意(オゼンピック)

治療開始初期に、胃のむかつき・吐き気・便秘・下痢症状が出現することがありますが、多くの場合は時間の経過とともに改善されていきます。副作用の出現リスクを軽減するために初めての方はオゼンピックでは0.25mg/週の低容量からの開始をお勧め致します。

他のGLP-1受容体作動薬を使用している方、インスリンを使用している方はオゼンピックを使用は出来ません。

また、妊娠授乳中・アルコールの大量摂取・膵炎・低血糖・副腎機能不全、甲状腺疾患・重度の胃腸障害のある方の使用も禁止されております。

GLP-1ダイエットを始めるに当たって

オゼンピックを含むGLP-1受容体作動薬は全て医薬品です。
患者様の健康を守り安全に使用していただく為に

『初回の治療開始前に血液検査の施行』をお願いしております。

仮に何らかの事情で患者様に肝機能障害や腎機能障害などの臓器障害が無症状のままで存在した場合(肝機能障害や腎機能障害はかなり悪化するまで無症状です)、ダイエット目的で始めたGLP-1受容体作動薬の使用を開始したことでさらなる健康被害に繋がりかねません。

出来れば、持病のない方であってもGLP-1ダイエットを開始して3ヶ月経過するまでには再度の血液検査を施行することで有害事象の発生有無を評価し、このまま継続して問題ないかを確認すべきです。

GLP-1受容体作動薬は本来は糖尿病治療のお薬なのですが、糖尿病診療どころか内科診療経験すらない美容クリニック医師や皮膚科医師・形成外科医師などによる事前事後の検査評価もしないまま無責任にGLP-1受容体作動薬を販売するだけのクリニックが多数存在しているのが実態で問題となっています。

【具体例】
独立行政法人 国民生活センター
https://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20200903_1.html

他のお薬を服用されている場合に相互作用による有害事象にも注意する必要があり、検査結果データの解釈なども含めて、この判断を適切に行えるのは内科を専門とする診療経験が豊富な医師のみです。

当クリニックは糖尿病・腎臓病診療を得意とする内科専門クリニックなのでGLP-1受容体作動薬の処方に関してプロとしてのケアが可能です。


GLP-1ダイエットを受けることができない方

  • 妊娠中・授乳中の方
  • 重度の胃腸障害のある方
  • 中等度以上の腎機能障害や肝機能障害のある方
  • 膵炎などの膵臓病や甲状腺の病気のある方
  • 癌の既往がある、または存在を強く疑われている方
  • うつ病などの精神疾患のある方
  • 未成年(18歳未満)の方

オセンピックの費用

費用は下記の通りです。
『診察料及び税込みの価格』となります。

治療を開始する前に、問診・診察を実施いたします。通常は初診料として3300円(自費)いただいておりますが、現在、できるだけ多くの方に治療を検討していただけるようにキャンペーンとして初診料無料で実施しております。
※相談・診察のみで治療を開始されない方は、初診料がかかります。ご了承ください。
※再診時にカウンセリングのみの場合は再診料として1500円(自費)がかかります。
※お薬の処方があれば再診料は無料です。

オゼンピックを希望される方には詰め替え用の『注射針や皮膚消毒用のアルコール綿も無料サービス』でお渡ししております。

オゼンピック

2.0mg (週1回注射) 1本   24000円(税・診察料込)

1回の投与量 1本あたりの使用可能日数 4週間あたりの費用(税・診察料込)
0.25mg 8週間 12000円
0.5mg 4週間 24000円
1.0mg 2週間 48000円

血液検査(院内検査で十数分で結果が出ます)  

患者様の健康を守り安全に治療を行っていただく為に『初回の治療開始前に血液検査の施行』をお願いしております。
血液検査費用:3300円(税込)


当クリニックでGLP-1ダイエットを受けるメリット

  • 内科専門クリニックなのでGLP-1ダイエット薬を安全に使用する事が出来、万一の副作用出現時も内科専門医師によるプロとしてのケアが可能(ただ処方するだけの多くのクリニックとは異なります)。
  • 美容クリニックなどの他院と比べてお求め安い価格です(是非比べてみて下さい)。

GLP-1ダイエットに関する留意点

  • オゼンピックは日本の医薬品医療機器等法において「2型糖尿病」の効能・効果で承認されているものの、当クリニックで行う「肥満症治療・ダイエット」目的での使用に関しては、日本国内で承認されていない為に『自費診療』となります。
  • ただしGLP-1受容体作動薬はアメリカ合衆国のFDA(食品医薬品局)や欧州連合加盟28ヵ国、韓国の食品医薬品安全処で肥満症治療の適応で承認されています。
  • 当クリニックで使用しているオゼンピックはノボ・ノルディスクファーマ株式会社で製造された製品を日本国内の医薬品卸販売業者から仕入れをしております。
住所 東京都板橋区板橋2-67-5
アクロスキューブ板橋 2階
電話 03-6905-6361
FAX 03-6905-6362
アクセス 都営三田線 板橋区役所駅前徒歩0分
診療科目 内科・糖尿病内科・腎臓内科・
循環器内科・美容内科
診療時間
9:30~13:00
(12:30最終受付)
- -
14:30~18:00
(17:30最終受付)
- - -

休診日:金・日・祝日
土曜日:9:30~13:30(13:00最終受付)

TOPへ